静岡県藤枝市の農機具専門店「静岡農機情報センター」新品、中古、修理、レンタルetc、プロ御用達のショップです。

Facebookページ(静岡農機情報センター)

  • HOME »
  • Facebookページ(静岡農機情報センター)

”乗用田植機の足回り修理”
 
写真の田植機は、クボタのSPJ400Kです。
 
田植えをしている最中に、左のフロントタイヤが”くきっ”と折れたように曲がってしまいました。

ベアリングが割れて、前車軸がガタガタ動きます。
タイヤもロックして動きません。
 
タイヤを外して、車軸が収まっているギヤケースを外し、ケースを分解してみると中は泥とグリスが混ざった状態でした。オイルシールがダメになって、泥水が入って、ベアリングが壊れてしまったのです。
 
タイヤがロックした状態になっていたのは、壊れたベアリングがギヤに噛み込んでいたからです。ギヤにも若干傷が付いていましたが、ヤスリで少し削って修正すれば使える状態だったので良かったです。
 
車軸のケースに壊れたベアリングの外側がサビで張り付いてしまっていたので外すのに苦労しました。全部分解して、それぞれの部品の状態を確認し、ベアリング、オイルシールを注文しました。
 
部品は、注文から2日で手元に届きました。農機具を修理する場合、部品を注文してから届くまでに時間がかかることが多々あります。今回は、早くて良かったです。

(自動車の場合は、部品を注文してから届くまでにスピードが格段に速いです。私は元もと自動車整備士をしていたので分かるのですが、在庫が近くにあれば午前に注文して午後に届くような流通システムができていました。もちろん、メーカー在庫とか、欠品していた場合は違います)
 
部品が届いたら、すぐに組み付け開始。ベアリング、オイルシールを取り付けて、液体パッキンをシールの合わせ面に塗り、2つに割れているケース同士を組み合わせます。そして、ボルトで固定。前車軸のケースを田植機本体に組みつけて、外装を元に戻していきます。
 
この田植機は、エンジンのかかりも悪かったのでついでにキャブレターのオーバーホールをして、エンジンオイルとスパークプラグも交換しました。簡単にエンジンがかかるようになり、アイドリングが安定、吹け上がりも良くなりました。エアクリーナもボロボロになっていたので交換しました。
 
田植機は年に数時間しか使わない、という農家さんもいます。使わなくても劣化してダメになる部品は色々あります。あまり使わないにしても、2年に1度は農協や農機具店に整備点検に出すことをお勧めします。
 
静岡農機情報センター
中村真也
 
------------------------------------------
農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店
株式会社静岡農機情報センター
住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1
TEL:054-645-4502
営業時間:9時から17時 定休日:日・祝
 
農機具の買取り依頼はこちら:
noukikaitori.com
 
WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp
 
ブログで修理の様子などを発信しています!
ameblo.jp/s-nouki/
 
Facebookはこちら:株式会社 静岡農機情報センター
 
メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 
(***を@に変換してください)
... See MoreSee Less

View on Facebook

”じたばたしても仕方ないので旅に出ます”
 
農機具輸出はベトナムの輸出規制の影響で
えらいことになっています。
 
さらに追い打ちをかけるように、
他の国から悪いニュースも入ってきました。
 
今年は、中古農機具を主軸にする業者に
とって厳しい年になると思います。
 
何が起こるかは、アンダーグラウンドの
話なのでここでは言えませんが、すでに
負のスパイラルは全国で始まっています。
 
少しだけ中古農機具をとりまく今の状況を
お話すると、トラクターなら古くても
壊れていても、どんなものでも売れる時代は
とっくに終わりました。
 
私たちは、考え方を変える必要があります。
 
私は毎日のようにトラクターを
買っているので、農家さん、業者さん、
回収業者さん、便利屋さんなど色んな人から
問い合わせが来ます。
 
つながりがない人も、どこかしらから
私の情報を得てメッセージが届きます。
 
そこで話をして感じるのが、
多くの方が勘違いしているということです。
 
・日本の農機具は海外で人気があるから
・メイドインジャパンは信頼されているから
・中古でも品質がいいから
 
という理由で、何でも売れると思っている方が
多いということです。
 
時代は流れています。
 
昔は古い機械を買っていた海外の人でも、
時が経てば新しい方が良くなってきます。
 
この感覚は日本人の私たちと同じです。
 
アンティークという言葉はありますが、
基本的には車だって家だって何だって
新しいものを欲しいのが多くの人の感覚です。
 
古いトラクターは安くなっているし、
売れなくなっています。
 
部品取りになったり、まだまだ後進の国にしか
売れなくなってきています。
 
古い、壊れている、程度の悪いものを
大量に売りさばくのがとっても難しいのが、
今の中古農機具業界の現状です。
 
じたばたしても仕方ないので、
旅に出ることにしました。
 
田植えも終わり、農機具屋さんは仕事が
ひと段落する時期になりました。
 
修理の依頼は毎日ありますが、お客様から
少しだけ時間をいただき、海外のお客様たちに
会いに行くことにしました。
 
新規のお客様にも会おうと考えています。
 
海外に行くことで、日本では得られない
貴重な情報を得ることができます。
 
そして、もっと大事なのが
 
”繋がり”
 
一緒にご飯を食べたり、お酒を飲んだりする
ことで、お客様との関係が深くなります。
 
理屈じゃない部分、これが海外のお客様と
生涯にわたりビジネスをしていく上で大切に
なってきます。
 
厳しい状況になればなるほど、
コミュニケーションは大事です。
 
ということで、来週からヨーロッパです。
数カ国まわります。
 
初めての国もあるので楽しみです。
 
中村
... See MoreSee Less

View on Facebook

今から、ホンダのミニ耕うん機を納品。この赤がおしゃれでしょ。 ... See MoreSee Less

View on Facebook

電話でのお問い合わせは TEL 054-645-4502 営業時間: 9:00~17:00 定休日: 日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 株式会社静岡農機情報センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.